廊下の壁下地を作る7 柱・土台・間柱・筋交いを迅速に補強 タイムアタックだ!!

下地

廊下のの壁下地を作ります。
正確には玄関の壁になるのかも知れません。
ここは、元々土壁の上から間柱を立てて終わらせるつもりだったのが構造体が弱っている事を思い出し基礎の打設を検討しましたが基礎は今のところ保留です。

ここが今回の施工場所です。
廊下の壁下地が片面のみ施工している様に見えますがもう片面は通りが出ており細かい下地は組んでいないものの柱からやり直しているので概ね出来ています。

もう片面はこちら。

トイレ他 間取り変更6 はじめて柱を抜く 施工編3 #完結 ~失敗から学べ~
トイレの扉が古いもので低くて今の規格に替えると階段が干渉するので不恰好だし危険だと思い、今の規格が入るように変更しました。加えて梁も補強しましたがミスして梁に亀裂を走らせてしまい、対応のため急遽ホームセンターに走り追加の材料を購入してきました。

廊下の壁片面の下地進捗度です。
一応今回で最後です。

コンセプト

只でさえ計画を変更して手間のかかる工事にシフトしたのに、色々決めてやらないとグダグダになると思ったので今回コンセプトを決めました。

①さっさと終わらす!!

これ一番大事。
もう細かい事は知らん、壁の通りは出ているのでスピード重視!!

今の状態です。
右隣は出来上がってます。

廊下の壁下地を作る4 周りを壊さず壁下地を造る #後編
廊下の壁下地を作っています柱が傾いているので大変です。このエリアでは扉枠を作りつつ間柱を立てています。部屋内を壊したくないので化粧ベニヤを剥がさず新しい扉のサイズに切り取って対応中です。

②後から基礎を打ち易い構造に

できれば玄関ドア面に基礎を打ちたいでも、大変なのでしないかもしれない。
でも打つかもしれない、将来的に基礎も打ち易い構造にしておきます。

③補強の拡張性を考慮

今回の目的は壁下地を組む事です。
範囲は壁になる部分のみですが、どこかのタイミングでもう少し全体で補強できればと思っています。

土壁壊す!!

もう慣れたんですが兎に角ホコリが舞うんです。
吸引物は自然由来ですがカビとか微生物とかいるでしょ?絶対に!!
体に悪すぎるからマスク必須で、扇風機があれば尚よし。

土壁を大方落とせました。
土嚢袋6袋強です。

子舞竹を外して貫だけに

横75mm、縦60mmしか空きがない。
これでは補強ができない、というか細くなる。
材料全部無駄に加工しないといけなくなる。

貫を切る、全部取る

OK

古いアンカーボルトを締める

アンカーボルトが顔を出していましたが留められていなかたのでナットを付けておきます。

パワーで捻じ込みました。
多分径が違っていたけど表面が錆びていたのでアンカーボルトのネジ山を削りながら入っていきました。

既存土台にもケミカルアンカーでアンカーボルト挿した方がいいかな・・・?
でも時間かかるし基礎割れたら怖いし止めておこう。

垂直の墨出し

壁の通りを柱に写して墨をしておきます。

土台を切り欠く

既存土台に補強土台を差し込むため深さ25mm程切り欠いて補強土台として90mm角ヒノキ材を入れます。
またコレ・・・メチャクチャ怖いツール、ノコ刃付きディスクぐラインダー。
マジで気を付けないといけないツール。

怖いこわい・・・ビビりながら切り込みを入れます。

ノミでコツコツと大体掘れました。

ん~~~24mm?

もう少しの所で入らない・・・硬すぎてもう全然動かない・・・

大変でしたが何とか取り外して右側の柱の奥を少しだけ削りました。
多分これで入るはず。

先に添え間柱を入れておく

補強材でもある添え柱兼間柱を両端の柱に抱かせます。
サイズは土台補強材と同幅の45mm x 90mm です。

天井下地が出来てしまっているので土台を入れる前に柱に添える間柱を先に入れておかないと後で入りません。

既存の柱に補強のため金物を付けていたのでその分を切り欠きます。

よっこいしょ

左側

右側

左右両方補強間柱セット完了

左側補強間柱の下部で、柱はご覧の通り切り欠いて補強土台が入ります。

右側補強間柱の下部です、下には今から補強土台が入ります。柱は微調整レベルで少しだけ削りました。

カーンッ・・カーンッ・カーンッ・カーンッ・・
叩き込み、もうメッチャメッチャギリギリです。

何とか上手く入ったと思います。

既存土台と一体化

既存土台と新規補強土台とを一体化させます。

コーチボルト座金を沈めるための座掘りをします。

座掘りできました。

これが打つコーチボルトM12長さ150mmと丸座金です。

下穴を径のおよそ80%で空けます。
このドリルは8.5mm径です。

ボルトを捻じ込みます。

完了
悪くは無いのでは。

ボルト3本完了

筋交いを加工

今まで何回か筋交いを加工したのですが偶にやってはその後、加工方法を忘れるっていうのが最近のパターンです。

今は仮留めです。
筋交いを入れる場所は直角ではないので注意。

角は一応大丈夫な様です。

ちょっと部屋内の下地が当たったので下地削りました。

留め付け

添え間柱と筋交いを留めていきます。

先ず、間柱を留めます。

次に、筋交いを留めます。

90mm以内に入れないといけないので2.0倍金物を入れるには根元タイプになるようですが
既に天井があって入れにくいので確実さとスムーズさを重視して1.5倍金物にしました。

上下留めて
間柱を3本立てました。

この3本の間柱はまだ留め付けていません。

45mm角+45mm厚 = 90mmですがちょっとギリギリ過ぎるので間柱を少し削らないといけないと思いますが今はこのまま放置しておきます。

完了

とっとと済ませました。

廊下の壁がほぼ出来上がりました。
それっぽい。

こうするのは後日。
横に下地も入れて最終形態に。

タイムアタック リザルト(作業時間内訳)

今回の作業時間はこのくらいです。

インシデント作業詳細所要時間
解体土壁・貫撤去1時間
土台:1本アンカーボルト・切り欠き・切断・調整・コーチボルト2時間
添え間柱:2本・筋交い:1本切断・加工・調整・取付1時間
間柱:3本切断・(仮)取付30分
合計4.5時間

さぁ、帰ろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました