ダイニングキッチン 壁下地編1 ~ようやく壁の通りが出る~

壁下地作成 ダイニングキッチン

ダイニングキッチンの天井がある程度できたので壁下地を組みたいと思います。
この壁下地の面が出る事により周辺の通りもようやく決まります。

現在

壁下地を組むのはココです。
天井に野縁受けまで組んで壁を下せるようになりました。

壁下地を作る場所

この面は防音対策のため出来れば石膏ボード2枚貼りしつつサッシ枠を越えないようにしたいので悪戯に壁を吹かすワケにいかず慎重に行っていきたいと思います。

柱からサッシ枠ギリギリまで38mm
最厚でも38mm以内で全てを収めないと・・・

場所はここです。

今回の壁下地作成場所を平面図面で説明

野縁を付ける

先ず、壁際に野縁を付けます。

天井下地が組まれたダイニングキッチン

今の状態を図にするとこんな感じです。
吊り木受けに吊木が付いて、野縁受けが付いています。

天井下地の現在を描いた3Dイラスト


天井下地になる野縁を金物分を切り欠いて

切り欠いた野縁

付けます。

天井下地の野縁を取付

図にするとこんな感じになりました。

野縁を取り付けた天井下地の3Dイメージイラスト

上部ランナーを付ける

壁下地の面に沿って上下に走らせる下地の事を呼び方が分からないので此処では軽天下地での名称「ランナー」で呼んでいます。

野縁の下にランナーを付けます。

野縁に壁下地のランナーを重ねた写真

図にするとこうなりました。

天井下地の野縁に壁下地のランナーを重ねた3Dイラスト

このとき野縁とランナーとの間に9.5mmの隙間を空けます。

野縁とランナーの間に石膏ボードを入れる隙間を空けた写真

写真では9.5mmではなくて9mm合板で間を空けていますがこれは石膏ボードを野縁とランナーで挟むためです。
プロ曰くこうやって石膏ボードを飲み込ませて貼るとボードが経年でも垂れてきにくいという事です。
本当は天井ボードを貼ってからランナーで押さえるのが正しいと思いますが今ボードは貼りたくないので隙間を空けたままで下地を組みます。

野縁とランナーの間に石膏ボードを飲み込ませた3Dイラスト

別の職人さん曰く「見切りがあるのでここまでする事はない」という意見もありましたが最悪石膏ボードを飲み込まさなくても影響は無いですし素人なので質実剛健でいきました。

昭和感漂う狭小風呂をユニットバスに8 ユニットエリア下地編2 ~はじめての壁下地組み~
以前一部の天井下地を組みましたが続いて壁下地を組んでみたいと思います。これはテストケースで、試してみたい方法が2つあり、一つ目は当方が考えている壁下地の構成、二つ目はプロに教えてもらった施工で、此処は不陸を起こしたり良くない施工になっても隠れる場所なのでテストに適しているという事でこちらで試してみます。

両サイドに間柱を立てる

両サイドに間柱を立てて問題ないか見てみます。
間柱を立ててレーザーで垂直を見て

間柱に垂直レーザー

もう片方も立ててみて

ランナーと間柱

繋がりました。
問題なさそうです。

壁下地

図にするとこう

天井下地と壁下のの3方枠が出来た3Dイラスト

下部ランナー①

元勝手口の下部にランナーを走らせます。
ドアがあった付近が周りより22mm程低いので根太ボンドを塗りたくって

元勝手口上土台に根太ボンド塗布

板を重ねて高さを調整します。

高さ調整の木材

これで手前と高さが大体合いました。

高さ調整の木材をビス留め

この上から45mm角米松材を付けてランナーにします。

45mm角米松をランナーに

下部ランナー②

残りのエリアは45mm x 90mm ヒノキ材をランナーにします。
なぜこんなに幅の広い材料を使うかというと間柱を置く場所が通りを出すには不安定だからです。

壁下地を立てるためにこのままでは狭い・下に何もない

そこで幅広のランナーを採用

断面図にするとこんな感じで、広い材料を土台にランナーとして打ちつける事によって間柱が十分安定すると考えました。
根太も十分掛けられるので問題ないと思います。

45mm x 90mmのランナーを置く事で下地の無い事が解消する

根太ボンドを塗って

45mm x 90mm ランナーと補強土台に根太ボンド塗布

ここは本付け、ビス留めしました。
奥の墨が間柱の面になります。

壁下地の面に墨付けした45mm x 90mm ランナーを補強土台とビス留め

柱を留め付ける

壁の通りが確定したので仮留めだった新規柱を本留めします。

新規柱固定

柱留めイチロー

新規柱と梁を金物で固定

10kNシナーコーナー

新規柱と土台を金物で固定

詳しくはこちら

ダイニングキッチン 躯体追加4 ~部屋の全位置確定~ 初めての筋交い
浴室の移動によって間取りが変わり壁が出来ます。壁を立てる際、どうせなら補強になる壁をと基礎を打ち土台・柱・梁も設置しました。今回は金物を取付まくるのと筋交いを付けるという投稿になります。

壁に4方枠が出来た

未だ仮付けですがこの外壁側の壁枠の四方が決まりました。

図にするとこんな感じです。

施工された壁下地の状態を3Dイラストで説明

関連する通りを決定する

壁下地の面(に通り)が出てたので隣の面と直角で通りを出して仮付けだった柱や梁を留め付けてしまいます。

1辺の通りが決まったので横の辺を90度曲げて通すという平面図の説明イラスト

水糸で直線を確認、微調整を可能にしていた仮付け状態から動かないように本付けします。

通りに水糸を張る

レーザーで垂直も確認

柱に垂直レーザー

金物で留め付ける

梁も水平・平行を確認して留め付けていきます。

梁に水平レーザー
梁に羽子板ボルト

全部水平・垂直・直角で金物をガンガン留め付ける!!

柱と土台に20kNオメガコーナー

柱と土台に20kNオメガコーナー

梁と柱に10kNホールダウンコーナー

梁と柱に10kNホールダウンコーナー

梁と梁に6kNリトルコーナー

梁と梁に6kNリトルコーナー

留め付け完了

金物をバシバシ取り付けて一旦完了です。

金物取付完了

次回は残り間柱と左側の壁を立てていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました